2005年3月26日に愛知県名古屋工学院専門学校で行われたロボット競技に参加してまいりました。




ライントレーサー一般部門のコース。 3回走って一番良いタイムで競います。
1番最初に走った人が優勝したとか。
歩行ロボット競技。
ひたすら直線を走り続けます。白線を読んで制御してるロボットは全然居ませんでした。皆電池繋いで放置。
しかもゴールできたロボットもほんの一握り。かわさきロボットで出たら普通に優勝できます。
ヘッケンリンクを使った二足ロボ!!かなり熱い!!
他の二足ロボはROBO-ONEに出そうなロボでした。
ロボット相撲。参加者は殆ど高校生で岡谷工業や四日市中央工業なんかの大物もいました。
最近はみんな早い!付いて行くのがやっとです。


前日はろくに機体調整もせずに出発。
会場に着いてから少し時間あったので、ライントレースのコースや土俵とかを見て周ってました。

時間になって試合開始。私はシードなので1回戦は見学。
小さい大会なのでマッタリとした雰囲気で試合が進められていきました。

それにしても審判が凄く良いんです。
公式審判なんかより優しくて親切で。5秒停止の秒読みも正確で誤審も無くて素晴らしかった。

で、私なんですが、1本目相手が高速で動き回りそのまま土俵の外へダイビング。自爆により1本。
2本目、お互い正面からぶつかって下を取って押し出し。白線読んで旋回して帰ってきたロボットにはブレードが着いてませんでした。
同やら下に入ったときに相手の磁石にもって行かれたらしい。
よって、反則負け。。。

この機体でまだ、1回も真ともな勝ち方も負け方もしないなぁ〜。。。

TOP

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー