2003年9月14日ロボット相撲の北信越大会に参加してきました。






今年から「非常停止装備」「ゴーグル・手袋・シューズ着用」など、色々とルール変更されました。
うちからは、ラジコン2台、自立2台出場しました。
バッテリーの充電用に車の鉛蓄電池を持っていったのですが、満足に充電できないまま鉛蓄電池が空っぽに・・・。
そのまま会場に向うと、神奈川工科大や桐蔭横浜大学など顔見知りの先輩方が居ました。
神奈川工科大学のOBの方が車で来ていたので、車のバッテリーを貸してくれました。
本当に、ありがとうございます!!m(_ _)m
お陰で、バッテリーは元気な状態で試合に望めました。
私の初戦は太田工業の「のぶエモンズ」の「獅子奮迅」でした・・・。さっそく帰る準備をしました。
なんとも運の悪い・・・。しかし、トーナメント表を見ると、どこに入っても群馬県と闘う状態。不参加の人が半分近くいました。
初戦は、相手の誤動作のお陰で、何とか勝利!!
次の試合の相手を見ると・・・・「メカテレサ」。その瞬間、一度は広げた荷物をまた、帰る準備しました・・・。
メカテレサとの勝負は、1本目は綺麗に吹っ飛ばされました。
2本目は下に入って、相手を跳ね上げた!しかし、良く解らないうちに押し合いになり、取り直し。
刃がボロボロの状態で、懸命に突っ込みましたが、また綺麗に吹っ飛ばされ負けました。

試合は、全国レベルの試合だった気がします。
しかし、「ゴーグルで見難い」「手袋でボタンが押し難い」など問題有りだと思います。
非常停止も誤動作するロボットが多かったです。終いには、「リモコンは試合が終わるまで触らないでください」といい始めました。
それじゃあ、非常停止の意味が無いだろ!!
煙をモクモク出しても火が出ないため、試合は止まらなかったのは、痛々しかった・・・。

TOP

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー